1人暮らしを楽しみつつ、しっかり節約・貯金ができる!

・クリーニング代の節約

季節の変わり目は、クリーニング代がバカになりません。
セーターやコート、ジャケットなど、普通にクリーニング屋に持っていくと何千円もかかってしまいます。
確かにコートやスーツは家での洗濯は無理ですが、普通のセーターなら簡単に家で洗濯できちゃいます。早速挑戦してみましょう!

家で洗濯するのがどうしても面倒だという方・・・
そういう人は、できるだけホームクリーニングのできない服を買わないようにすることも一つの手です。
冬は仕方ないですが、春~秋の洋服で、洗濯が難しそうな素材のものは買わないようにする。
この心がけだけでクリーニングに出すものがぐっと減ります。

また、セーターでもビーズの刺繍がついてたりすると別料金になるので注意(経験者)。
安く購入しても維持費がかかってしまってはどうしようもないですから。

ドライクリーニングとホームクリーニングってどう違うの?

クリーニング店で行うドライクリーニングは、水を一切使いません。
なので、水溶性の汚れなどは落ちないという欠点があります。

一方、家庭で行うホームクリーニングは、水を使います。 エマールやアクロンなどのクリーニング用洗剤は水と洗剤の力で汚れを落とすので、汗ジミなどの水溶性の汚れも落とすことができます。

じゃあ家で洗濯した方がきれいになるじゃん!と思った人、ちょっと待った!
TVの宣伝を見ていると何でも洗濯できるかのように思ってしまいがちですが、ウールやレーヨンなどは縮んだり型崩れを起こしたりする場合があるので、注意しなければなりません。

家で洗えないものリスト

取り扱い絵表示の見方

”ドライクリーニングができます”という意味。
”ドライクリーニングしかできません”という意味ではありませんので注意。
洗濯機マークが付いていたら洗濯機で洗うことができます。
■「弱」:洗濯機の弱水流か弱い手洗いがよい
     ↓
・洗濯機で洗うなら・・・洗濯ネットに入れ、”弱水流”または”手洗いコース”で洗う。
・手洗いするなら・・・押し洗いか振り洗いをする。

■「30」:30℃以下の水温で洗濯する

■「中性」:中性洗剤を使う

■「手洗い」:手洗いがよい
手洗いのマークが付いていても、ネットに入れて「手洗いコース」などの水流の弱いコースを選べば洗濯機でも洗うことができます。

■「30」:30℃以下の水温で洗濯する

水洗いできないという意味。しかし、このマークが付いていても、家で洗える衣類もあります。
洗えるかどうかは、色落ちチェックで分かります。色落ちしない衣類であれば、家でも洗えます。
(色落ちしなくても、スーツやジャケットなど型崩れするもの、皮製品や和服などダメージを受けやすいものはクリーニングに出すことをおすすめします。)
*色落ちチェックの方法*
衣類の下に白い布を敷き、目立たないところに中性洗剤の原液をつけます。 数分後、上から白い布で衣類をおさえ、白い布に色が移っていなかったらOK!

まず、洗う前にチェック!

セーターの裏についている取り扱い絵表示を見てみましょう。

表示 洗い方

または
手洗いか、洗濯ネットに入れれば洗濯機洗いができます。
おうちでクリーニング1へ
家で洗えないものリストに当てはまらなければ、つけ込み洗いができます。
おうちでクリーニング2へ

生活費の節約

Copyright © こっそり節約&貯金プロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.