1人暮らしを楽しみつつ、しっかり節約・貯金ができる!

・20代の貯蓄額

20代の貯蓄額の平均はどれくらいか調べてみました。
「家計の金融資産に関する世論調査」の平成18年の結果です。

貯蓄額

少しでも貯蓄がある世帯を対象とした結果です。
ここでいう貯蓄額とは、預貯金のほか、株式や債券などの金融商品も含めた金額です。

貯蓄額 全体
(回答者93人)
2人以上の世帯
(回答者66人)
100万円未満 34.4% 27.3%
100~200万円未満 19.4% 18.2%
200~300万円未満 8.6% 6.1%
300~400万円未満 10.8% 13.6%
400~500万円未満 4.3% 4.5%
500~700万円未満 5.4% 6.1%
700~1,000万円未満 5.4% 7.6%
1,000~1,500万円未満 0.0% 0.0%
1,500~2,000万円未満 1.1% 1.5%
無回答 10.8% 15.2%
平均 237万円 286万円
中央値 150万円 170万円

貯蓄額の平均は全体で237万円、2人以上の世帯では286万円でした。
全体の結果は単身世帯と2人以上の世帯をまとめた平均ですから、
やはり2人以上の世帯の方が貯蓄額も多いということですね。

貯蓄額は100~200万円という世帯が一番多いようです。

一部お金持ちの人がいた場合、平均値はつりあがってしまうので、中央値(ちょうど真ん中になる世帯の貯蓄額)も参考にするといいと思います。

私は一応平均よりは上でした。ちょっとほっとしました(笑)
20代で1,500~2,000万円の貯蓄をしている世帯もあります・・・すごいですね!

年間手取り収入からの貯蓄割合

次に、実際のところ年間手取り収入の何%を貯蓄に回しているのかを見てみましょう。

貯蓄割合 全体
(回答者93人)
2人以上の世帯
(回答者66人)
5%未満 10.8% 10.6%
5%~10%未満 9.7% 9.1%
10%~15%未満 37.6% 40.9%
15%~20%未満 8.6% 9.1%
20%~25%未満 17.2% 15.2%
25%~30%未満 2.2% 3.0%
30%~35%未満 1.1% 1.5%
35%以上 3.2% 0.0%
貯金せず 8.6% 10.6%
無回答 1.1% 0.0%
平均 13% 12%

手取り収入にはボーナスも含みます。
ここでいう貯蓄額とは、預貯金のほか、株式や債券などの金融商品も含めた金額です。
平均は全体で13%、2人以上の世帯で12%でした。

分布で見ても手取り収入の10%~15%、という世帯が最も多いです。

20代で2人以上の世帯だと、DINKSが多くて貯蓄割合も多くなるのでは、と思っていたんですが
そうでもないみたいですね。ちょっと意外。

みなさんはどこに当てはまりますか?

Copyright © こっそり節約&貯金プロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.